どのような種類がある?雑学にも役立つ日本酒の豆知識を分かりやすくご紹介

このサイトはどのような種類があるのか知りたい人にお勧めの、雑学にも役立つ日本酒の豆知識を分かりやすくご紹介しています。
豊富な種類がある中から選ぶ際の手掛かりになる可能性があるため、これらは知っておきたい点です。
酒税法で定められていて、吟醸酒と純米酒の名称を付けることができるという特徴があるのもこのお酒ならではといえます。
また香味により4つに分類されるという特徴もあるお酒です。
より詳しくなるとお酒の世界がより楽しくなります。

どのような種類がある?雑学にも役立つ日本酒の豆知識を分かりやすくご紹介

日本酒には様々な種類がありますが、種類を知っておくと雑学としても役立つのではないでしょうか。
代表的な吟醸酒や大吟醸酒は米や米麹、それから水と醸造アルコールできています。
精米歩合によって吟醸か大吟醸かに分かれていて、純米酒は米と米麹それから水だけで造られている日本酒です。
純米酒にも吟醸と大吟醸があります。
こちらの違いも精米歩合によるのが特徴です。
ほかには特別純米や本醸造、それに特別本醸造などといった日本酒もあります。

初心者でも迷わない日本酒の選び方のコツ

初心者だと分類方法が複雑で、日本酒の選び方がわからないということがよくあります。
そんな日本酒の選び方のコツとしては、種類を知っておくことがポイントです。
原材料・作り方で大きく吟醸酒・純米酒・本醸造酒にわけることができ、この種類で味も大きく変わってきます。
一般的に吟醸酒は華やかな香りですっきり飲みやすく、純米酒は米の旨味とコクを味わえて、本醸造酒は純米酒に近いですが醸造アルコールが添加されているためバランスが良いとされています。
味も甘口・辛口に分けられます。
ラベルに記載されていることもあるため、購入前にチェックすることをお勧めします。
+の数値が大きいほど辛口ですが、これはあくまでも目安で酸味やアルコール度数によって味わいは変わります。
名産地と呼ばれるところの日本酒を選ぶというのも無難です。
三大酒処と呼ばれる兵庫県の灘、京都府の伏見、広島県の西条が有名です。
その土地ごとに味わいや香りが変わるため、飲み比べてみるという楽しみ方もできます。

日本酒の好みは甘口や辛口など味わいで変わる?

好みの日本酒を見つけるために、色々飲み比べてみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
米や米麹、水などを主な原料として作られている日本酒は様々な味わいのものがあります。
淡麗と呼ばれているものはすっきりとした爽やかなもの、芳醇というのは濃厚なタイプです。
これらのような分類以外に甘口と辛口というものがあります。
甘口というのは、糖分の甘味を感じることができる味わいのお酒です。
一方、辛口というのは甘味や旨味よりも、酸が感じられるタイプです。
これらを組み合わせて、淡麗甘口や芳醇辛口などといった表現をすることがあります。
また日本酒の好みは人それぞれで、甘口が好きな人もいれば辛口な人もいるものです。
口に合うものを選ぶために役立つものには、日本酒度というものがあります。
これはお酒に含まれている糖分の度合を数値で表したものです。
これが高いほど辛口となり、低いと甘口となります。
この度合いも選ぶ際には一つの目安となります。

日本酒には定義があるのか?どのようなお酒を日本酒と呼ぶのか?

お酒は、製法という観点から醸造酒と蒸留酒、混成酒の大きく三つに分けられています。
日本酒は醸造酒で酒税法では清酒と示されます。
醸造酒とは、米やトウモロコシ、麦といった穀物をはじめブドウやリンゴなどの果物類をアルコールで発酵させて作られています。
他の醸造酒の代表的なものとして挙げられるのは、ぶどうを発酵して作った「ワイン」や麦芽から作られる日本人が好む「ビール」などがあります。
日本酒の定義は酒税法に基づいており、米や米麹、水を原料としていることに加えて、アルコール度数が22%未満である事や醸造アルコールや糖類、調味料などの添加物の合計が米の重量を超えないことが条件となります。
また、もろみをろ過して日本酒と酒粕に分別する作業であるこす作業も必要です。
同じ原料である米から作られたお酒であっても、焼酎は蒸留酒であり、特に米焼酎は日本酒のもろみを蒸留して作られたお酒ですので混在しないように注意しましょう。

日本酒を造る杜氏や蔵人について知っておこう

古代の日本でのお酒は、春夏秋冬1年を通じて神まつりが行われるごとに造られていたといいます。
そして酒造りを担っていたのは神々に仕える乙女であり、それを束ねているのが刀自と呼ぶ女性です。
刀自は現代でいうリーダー的な存在になるものですが、時代が変わるととともに酒造りは大型化して大樽など重量物を取扱うことからも力仕事の要素が発生して男性中心の仕事などの印象に変化しました。
男社会などのイメージから刀自の発音がそのまま受け継がれて杜氏の字があてられるようになった、このような歴史が日本酒には存在します。
杜氏は日本酒造りの最高責任者ではあるけれども、酒造りの技術職人集団などの意味で称されることもありますが基本的には最高責任者などからも1つの酒蔵では1人だけです。
この最高責任者の下で酒造りに携わる職人さんのことを蔵人と呼びます。
酒造りに携わる蔵人は10名くらい、作業別に役職が決まっているなどの特徴もあります。

日本酒の味わいは淡麗や芳醇の辛口と甘口の4種類

バラエティー番組や雑誌などでもたびたび取り上げられますが、昨今では若い世代の間で日本酒ブームが巻き起こっています。
以前はビールやワインなどの洋酒を好まれる傾向でしたが、日本酒の場合は麹を発酵させていることで色んな風味と味わいを満喫できる点が支持をされている要因です。
ここではこの味わいについて、簡単にレクチャーをしていきましょう。
日本酒の味は大きく分けて4種類に分類ができます。
淡麗、芳醇・甘口・辛口となっていて醸造をされている地域によって異なります。
ただし、主原料はどれも米なので素材に左右をされているわけではありません。
では何が要因となっているのか、それは水と発酵期間になります。
酒の命とも称される水は硬水や軟水などがあり、土地によって違うのが特徴です。
そして日本酒を作り出すための麹菌を発酵させる期間も加わって、甘口や辛口という個性を持って誕生をします。
好まれやすいのは甘口で、色んなお料理と合います。

日本酒のラベルに明記されている日本酒度とは?

日本酒のラベルに表示されている日本酒度は、お酒にどれだけの糖分が含まれているかを示しています。
酒は米と米麹、水を原材料にアルコール発酵させて作りますが、この過程でできるのが糖分です。
そしてこの糖分を数値で示したのが酒度です。
水を基準として糖の比重で決まり酸度が高い、つまり糖が多いとマイナス、少ないとプラスに表示されます。
糖の量を表示するのだからマイナスというのはおかしいと感じるかもしれませんが、水に対する比重を数値として表示するため、水より重く沈む糖分はマイナス表示になるわけです。
酒度は日本酒の味わいを決める大切な要素のひとつでプラス数値になるほど辛口、マイナス数値になるほど甘口とされています。
甘口というとコクのある砂糖のような甘みを想像しがちですが、必ずしも強い甘みがあるとは限らないです。
日本酒度を決める糖には種類があり甘みはブドウ糖が多く含まれる場合の味覚です。
酒に含まれる糖分には種類があるため、たとえ酒度が大きくマイナスであってもブドウ糖の量が少なければ強く甘みを感じることはないです。

日本酒を選ぶときにはアミノ酸など成分の違いにも着目しよう

日本酒を選ぶときの基準は人によって違います。
甘口・辛口などのラベル表示で選ぶことがありますが、実は味わいを決める要素は他にもあり、アミノ酸やアルコール度なども関係します。
一般的に知られているのが日本酒度ですが、どれだけの糖分が含まれているかを表しています。
糖分が多いと甘口でマイナス数値、少ないと辛口でプラス数値で表示されます。
糖分にはブドウ糖の他にデキストリンやオリゴ糖が含まれており、砂糖のような甘さを感じるかどうかはブドウ糖の量で決まります。
酒度の他に風味に影響するものとして酸度とアミノ酸度があります。
酸度は酸味や旨味を決める有機酸の量を示したもので、代表的な成分に乳酸やリンゴ酸、クエン酸などがあります。
酸度が高いと辛口を強く感じさせキレのあるすっきりとした味わいになります。
もうひとつのアミノ酸度ですが、これはアミノ酸の量を示しています。
約20種類ほどあり、アミノ酸度が高いと酸の刺激をやわらげて日本酒にコクを与えます。

酸度は日本酒の中にある酸の量を示すもの

日本酒のラベルをみるとアルコール度や日本酒度などいくつか表示がありますが、その中に酸度を示す数値があります。
旨味や辛みといった飲み口に影響を与える度数のことで、キレがある、後味がすっきりしているという味わいに関係があります。
日本酒に含まれる代表的な酸には乳酸やリンゴ酸、コハク酸、クエン酸の4つがあり、酸というと酸っぱさをイメージしがちですが、糖分の含有量を示す酒度やアルコール度などと絡んで芳醇、淡麗などと表現される独特の風味を決める要素のひとつとなります。
平均値は1.3~1.5程度です。
これより低いものは淡麗といわれ、高いものは濃厚で芳醇な味わいと表現されます。
また数値が高くなるほど辛口に感じられ、低いほど甘口の味わいになるという特徴があります。
甘口・辛口というと糖分の量を表す日本酒度が大きく影響しているイメージがありますが、同じ酒度の場合は数値が高いものほど辛く、低いものほど甘く感じられるということになります。

日本酒のアミノ酸度が高いと芳醇で濃厚で甘く感じる

古くは奈良時代に生まれた日本酒は、今では幅広い年代・性別の方に愛されるようになったアルコールです。
主食である米を主原料にしているため、日本人のわれわれの口に良く合うと言えるでしょう。
各地でさまざまな銘酒が作られていますが、一口に日本酒といっても色んな味わいのものがあります。
甘口・辛口、淡麗・芳醇などと表現をすることができます。
ここでは甘口で芳醇な日本酒について触れていきましょう。
これは日本酒を生み出すときの麹と発酵期間がカギを握っています。
麹とは発酵素材のことであり、長期間熟成をさせるとアミノ酸をたくさん作りだすわけです。
100ミリリットルあたりのお酒の中のアミノ酸度が高まれば甘さが増すため、世間で甘いお酒だと称されているものはそれだけ長い時間をかけて熟成をさせつつ、アミノ酸度も高くなったということになります。
国内では関東方面で醸造をされるものは辛口になる傾向で、甘いものは西日本で好まれています。

日本酒の賞味期限の平均はどれくらい? 飲めなくなった時の活用方法とは

日本酒をはじめとするお酒は、長期間保存できるイメージがありますが実際はどれくらいの賞味期限があるのか気になる方も多いのではないでしょうか。実は日本酒の多くはアルコールが持つ殺菌作用によって腐敗が進みにくいため、具体的な期限がなく「製造年月」がラベルやボトルに記載されている場合が多いです。ただし永久的に保存できるわけではなく、一度開栓して空気に触れた日本酒は徐々に味わいが変化していくため、飲むことができる期間を把握しておくことが大切です。
基本的に日本酒が美味しく飲むことができるのは、製造年月から1年と言われています。他には製造過程で一度しか火入れを行なっていない生貯蔵酒や生酒の場合は、約9ヶ月が美味しく飲める賞味期限となります。製造年月から時間が経ってしまうと「色」や「香り」、「味わい」に変化が出て本来の味や風味が異なってしまうので、飲めなくなってしまった場合は、料理酒として様々な料理に使えたり、お酒にはアミノ酸が多く含まれているため水と混ぜて薄めることで化粧水として活用することもできます。

自宅熟成で美味しくなる!?日本酒をもっと美味しくする方法

日本酒をもっと楽しみたいときに試してみてほしいのが、自宅熟成です。これはワインやウイスキーのように日本酒も熟成させると美味しくなるのではという発想に基づいています。
実は鎌倉時代から江戸時代初期には長期保存した古酒と呼ばれる日本酒が知られていましたが、自題を経るにつれて廃れました。現在では3年以上保存したものを熟成酒とよんでおり、風味に明確な変化が現れるのは5年を超えてからになります。日本酒を自宅熟成するときのポイントとなるのが温度管理なので、もしワインセラーがある場合は利用すると便利です。また吟醸酒と本醸造・純米酒で温度設定が違ってくるため注意しましょう。吟醸酒の場合は15度から18度で直射日光の当たらない場所がよく、ない場合は冷蔵庫のや在保存室に入れておくもの効果的です。本醸造や純米酒は直射日光を避け常温で保管しますが、真夏温度が28度を超えない場所にしするのがポイントになります。これで3年から5年を経るといつもと違った風味を楽しめます。

日本酒は温度によって色々な呼び名があります

伝統的な酒造りを世界に発信しようと、ユネスコの無形文化遺産に登録への提案をすることに決めた日本酒は日本はもちろん海外でも人気のあるお酒です。
海外ではSAKEの愛称で呼ばれている日本酒は、海外への輸出量が増加しています。日本酒と一括にしてもアルコール度数の低い飲みやすいものや、スパーリングタイプのものなどもあり有名なアニメとコラボレーションしたものなど若い世代へのアピールも話題となっています。日本酒は温度によって様々な呼び名があり、温度が変わることで味わいも変わる点も大きな魅力です。冷蔵庫から出した直後の5度程度のものは雪冷えで、10度程度は花冷えで冷蔵庫から出してしばらくした15度程度は涼冷えと呼びます。20度の室温は少し冷たさを感じつつ、香りや味わいは柔らかです。30度の日向燗や35度の人肌燗や40度のぬる燗や45度の上燗など、酒自体が持つ香りを感じやすくなります。50度の熱燗は切れ味が良い辛口になり、55度の飛び切り燗は酒の香りがとても強く感じます。

日本酒は様々な料理に取り入れることが可能です

折角日本酒を購入しているにも関わらず、滅多にお酒を飲まないことから常に余らせてしまって捨ててしまうことも多いと感じます。しかし、意外と日本酒は高価で高いことが多いため、捨ててしまうことは非常に勿体ないこと言えるので他の活用法を試してみることをおすすめします。
最も良い活用方法としては、日本酒を料理に積極的に取り入れることです。意外と日本食などに対して相性が良いことで知られているので、まだ一度も試したことがない方はこの機会に始めてみてはいかがでしょうか。どのような料理に合うのかと言うと、煮物や魚の煮つけ、更には汁ものなど追加すると風味が増して美味しさも感じられるようになるのでおすすめです。また、スイーツに取り入れると一気に大人な味へと変化させることも可能なので、ケーキを作ったりチョコレートを溶かして固めたいと時にはぜひ使用してみてください。
後は隠し味としてお米を焚く際に投入すると、程よい甘さと艶を引き出すことができるようになるので非常におすすめできます。

日本酒の活用法を知って日常生活の中に取り入れる

ラムやテキーラやビールやウイスキーやブランデーやワインやシャンパンやマッコリや梅酒やウォッカやジンや焼酎など、コアなファンが多いお酒は数多くありますが、老若男女問わず支持され続けている普遍的な人気を誇るお酒と言えば日本酒です。
お米や米麹が原料で日本特有の製造方法で作られた清酒で、日本国内のみならず海外でも人気が高まってきています。そんなファンの多い日本酒ですが、飲むだけではなく様々な活用法があります。お鍋に入れたりみりんの代わりにして味付けをしたりなど料理に使うことも出来ますし、入浴剤のように使って日本酒風呂に浸かれば保温効果がアップして体が芯からあたたまります。アミノ酸やコウジ酸やフェルラ酸などの栄養成分が豊富に含有されているので、パックや美容液やボディークリームやトリートメントなどのコスメにも用いられます。フェルラ酸とコウジ酸には強い抗酸化作用があり、シミを撃退する美白成分として重宝されています。